メガネの使い分けで、眼精疲労が改善できる可能性があります。 普段からメガネを掛けて生活している人は、パソコンを使う時にはパソコン用のメガネを使った方が良いと言われています。 では、パソコンを使う時にはどのようなメガネを用意し、使えばよいのでしょうか。 具体的には、近視の人は、普段使っているメガネよりも少し度が弱いメガネを使うと良いそうです。 逆に、遠視の人なら、いつものメガネよりもちょっと度が強いメガネを使うと良いでしょう。 また、パソコン用のブルーライトをカットするメガネをかけるのもオススメです。 40代くらいになると、老眼で悩む人も増えてきますが、老眼の人は特に眼精疲労が起こりやすくなってしまいます。 眼精疲労を放置すると、老眼や近眼などがさらに進行してしまいますから、できるだけ予防・改善する必要があります。 経済的な余裕があるなら、使用する距離やシーンに合わせていくつかのメガネを用意すると、目への負担をかなり減らすことができるでしょう。